楽天Edy(エディ)でポイ活!お得な理由や無料でチャージする方法

楽天ポイントは、その貯まりやすさや利用のしやすさからdポイントやTポイントなどと並んで人気のポイントです。

そんな楽天ポイントは、普段の支払いを楽天の電子マネー決済サービス「楽天Edy」に切り替えるだけでより効率よく貯めていくことができます。

この記事では、楽天Edyがお得である理由や利用方法、残高を無料でチャージする方法について詳しくご紹介していきます。

目次

楽天Edy(エディ)とは?

はじめに、「楽天Edy」とはどのようなサービスなのかという点について詳しくご紹介していきます。

楽天Edyトップページの画像

楽天Edyは、全国の加盟店で利用することが出来る電子マネー決済サービスです。

事前にチャージをしておくことでワンタッチで決済することができ、200円支払うごとに1ポイント獲得することができます。

また、楽天Edyの利用で貯まったポイントはもちろんのこと、その他楽天サービスの利用で貯まった楽天ポイント(通常ポイント)をそのまま1ポイント=1円としてチャージに使用することが可能!

支払いに利用するだけで普段のお買い物がよりお得になる、利用して損はない電子マネー決済サービスです。

楽天Edy(エディ)がお得な理由・メリット

続いて、楽天Edy(エディ)がお得な理由について詳しく解説していきます。

  • 楽天カードからのチャージでさらにポイントゲット
  • 使える店舗数が多い
  • 支出の管理がしやすく使い過ぎを防げる

楽天カードからのチャージでさらにポイントゲット

楽天Edyは、楽天カードから残高をチャージすると、200円ごとに1ポイント付与されます。

つまり、楽天カードで残高をチャージし、楽天Edyを利用することで二重にポイントをゲットすることができるんです。

現金での支払いの場合や現金でチャージしての利用の場合はポイントの二重取りはすることができないので、より効率よくポイントを貯めていくことができます。

使える店舗数が多い

楽天Edyは、使える店舗数が多いことも特徴の1つです。

現状使用できる店舗は全国でおおよそ45万か所以上!

加盟店は、以下のような全国チェーン店から地方のお店まで様々あります。

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • マツモトキヨシ
  • 紀伊国屋書店
  • ロフト
  • マクドナルド

その他にもネットショップや宅急便の支払いなど、店舗での支払いに限らず様々なシーンで活用することができるため、利用がしやすい分ポイントを貯めやすくなっています。

店舗によっては、楽天ポイントが通常の2倍貯まることも!

支出の管理がしやすく使い過ぎを防げる

楽天Edyは、クレジットカードを紐づけて後払いをするものとは違い、事前にチャージをして利用する形式となっています。

都度チャージをする分、クレジットカードで支払うよりもいくら使用したかという支出の管理がしやすくなります。

また、クレジットカードの支払いの場合は上限額までそのまま支払うことができますが、楽天Edyの場合は残高がない場合支払いをすることが出来ないため、使い過ぎを防ぐことができるのもメリットの1つです。

楽天Edyと楽天Pay(ペイ)の違いは?

楽天では、その他「楽天Pay(ペイ)」というキャッシュレス決済サービスもあります。

この「楽天Pay」と「楽天Edy」の大きな違いは、事前にチャージして利用するか、クレジットカードを紐づけて後払いするかという点にあります。

そのため、基本的に楽天Payはチャージの手間が面倒という方に、楽天Edyは無駄な支出を抑えたい方におすすめです。

また、楽天Edyについては人気キャラクターとコラボした様々な絵柄のカードや、カードと同じように支払いをすることができるキーホルダーなど様々なグッズが展開されています。

楽天Edyオフィシャルショップの画像
楽天Edyオフィシャルショップの画像2

楽天Payは基本アプリからの支払いとなるため、以上のように様々なアイテムの中から好きなものを選んで利用することが出来るのも楽天Edyの特徴と言えます。

その他楽天Edyカード、Edyキーホルダーなどのグッズは以下リンクから見ることができます!是非お気に入りを見つけてみてはいかがでしょうか?

楽天Edyの使い方

楽天Edyを使う方法としては、主に以下の3つが挙げられます。

  • アプリに楽天Edyカードを紐づけて使用
  • 楽天Edy付帯の楽天カードを使う
  • 楽天Edyカードを使う

それぞれお店での提示方法や利用方法は特に変わらず、専用のリーダーにタッチをするだけ。

シャリーンという効果音が鳴ったらお支払い完了です。

楽天Edy付帯の楽天カードを使いたい場合は、まだ楽天カードを持っていない方は新規発行の際に指定することで発行することができます。

ちなみに楽天カードを新規発行する際は、ポイントサイト経由がとてもお得!

通常通り公式サイトから発行した場合と比べ、数千円相当多くポイントを獲得することができます。

まだ楽天カードを持っていない方は、是非ポイントサイトを経由して発行しましょう。

オススメのポイントサイトは以下の記事で詳しくご紹介しています!
是非ポイントサイト選びの参考にしてみてください。

楽天Edyはamazonでも使える

楽天Edyは、amazonでも利用することができます。

amazonで利用できることのメリットとして挙げられるのが以下の2点です。

  • 楽天Edyを経由することで間接的に楽天ポイントを使って支払いをすることができる
  • ポイントの二重取りをすることができる

しかしながら利用にあたって、いくつか注意しておきたいポイントがあります。

amazonで楽天Edyを利用するには、androidのおサイフケータイ機能付きのスマホか、「楽天Edyリーダー」、「FeliCaポート/パソリ」などの専用機器が必要となります。

「楽天Edyリーダー」とは、楽天Edy残高の確認やクレジットカードでのチャージ、楽天Edyでネットショッピングの決済をすることができるUSB型のリーダー・ライターです。

楽天Edyリーダーの画像

自宅で簡単に楽天EdyカードやEdyキーホルダー等へチャージすることが可能であるほか利用履歴や残高の確認、ネットショッピングの決済など様々なシーンで活用することができます。

楽天Edyリーダーは、「楽天Edyと楽天Pay(ペイ)の違いは?」の項目でご紹介した楽天Edyオフィシャルショップにて購入することができます!

「FeliCaポート/パソリ」はパソコンに接続する非接触式icカードリーダーで、楽天Edyと同様に残高の確認やチャージ、ネットショッピングの決済をすることができます。

FeliCaポート/パソリの画像

また、amazonでは代金をコンビニのレジで支払うコンビニ決済を指定することができますが、その際に楽天Edyは利用することができず、原則現金払いのみとなっているため注意が必要です。

楽天Edy残高を無料でチャージする方法

楽天Edy残高は、方法によっては無料でチャージして利用することが可能です。

以下の項目では、無料でチャージする具体的な方法について詳しくご紹介していきます。

  • ポイントサイトを利用する
  • 楽天ポイントをチャージする

ポイントサイトを利用する

ポイントサイトには、無料でポイントを獲得することが出来る広告案件やゲーム、アンケートなどのコンテンツが様々あります。

交換先として楽天Edyや楽天ポイントが選択できるポイントサイトであれば、貯めたポイントをそのまま楽天Edy残高としてチャージすることが可能です。

ポイントサイトは、交換先によっては手数料がかかってしまうものや等価交換ではないものもあるため、交換手数料無料、等価交換で交換することができるポイントサイトを選ぶことをおすすめします。

楽天Edyや楽天ポイントへ交換する際に、等価交換、交換手数料無料で交換することができるポイントサイトの中で特におすすめのサイトは「モッピー」です。

モッピーの画像
  • プライバシーマーク取得で安心
  • 累計登録者数800万人を突破!
  • ポイント還元率が高い案件が多数
このサイトからの登録で、2000円分のポイント獲得のチャンス!

ポイ活プラスから登録してミッションをクリアすると
2000円分のポイントを獲得できます!

「モッピー」は、会員数800万人以上を突破している今人気のポイントサイトです。

高還元の広告が多数掲載されているほか、ゲームやアンケート、タイピングなど無料でポイントを稼げるコンテンツも充実しています。

モッピーでは、普段は楽天ポイント、楽天Edyへの交換に交換手数料がかかってしまいますが、月1回の交換手数料無料キャンペーンを利用すれば手数料無料、等価交換で交換することが可能!

さらにモッピーでは、楽天ポイントへの交換でポイントが増量するキャンペーンも多く開催しており、開催期間中は交換手数料無料!

そのため、より多くポイントを獲得するためには楽天ポイントの増量キャンペーン期間中に一度楽天ポイントへ交換→楽天Edy残高としてチャージという手順を踏むことをおすすめします。

楽天ポイントをチャージする

楽天ポイントは上記の項目でご紹介したようにポイントサイトでも貯めることが出来るほか、楽天のカードやサービスなどを利用することでどんどん貯まるため、普段利用しているサービスを楽天の物に切り替えるだけでもポイントが貯まります。

以上のような方法を使って楽天ポイントを貯め、貯まったポイントをそのまま残高としてチャージして利用することで無料でお買い物をすることが可能です。

楽天Edyでお得にお買い物

楽天Edyは普段の支払いでポイントが貯まるため、利用することでよりお得にお買い物をすることができます。

また、交換先に楽天ポイントや楽天Edyがあるポイントサイトであれば、貯まったポイントをそのまま残高としてチャージして利用することが可能です。

「楽天ポイントを貯めているけど普段は現金で支払いをしている」という方や、楽天ポイントを貯めたい方はこの機会にぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる