バイポイント案件のやり方・メリットは?バイポイント案件にオススメの交換先もご紹介

ポイ活をしている方の中には、バイポイントという言葉を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

この記事では、バイポイント案件のやり方やメリット、バイポイントでオススメの交換先などについてご紹介していきます。

ポイ活中でバイポイントの方法を知りたいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

バイポイント案件とは?

ポイ活をしていると「一気にポイントを貯めたい!」と思うことがありますよね・・・

そんな時の対策として、バイポイント案件をこなすという方法があります。

バイポイント案件とは、「buy point」という字のごとく、「ポイントを買う」というものです。

ポイ活ではポイントサイトの利用でポイントが付与されますが、ここで付与されるポイントは直接購入することはできません。

しかし、還元率100%前後のポイ活案件をこなすことで、バイポイント的な利用をすることができます。

具体例を挙げると、以下のような案件です。

モッピーのバイポイント案件の画像

こちらはポイントサイト・モッピーの案件ですが、商品を購入することでその代金分がモッピーポイントとして付与されます。

つまり、バイポイント案件とはポイントサイトを通して払ったお金がポイントとして自分のもとに戻ってくるという仕組みになるわけですね。

バイポイント案件のメリット

バイポイントの仕組みについてここまでご紹介してきましたが、「バイポイントってつまり現金がポイントに代わるだけでしょ?何かメリットがあるの?」と思う方もいるのではないでしょうか?

バイポイント案件には、バイポイント案件でしか得ることができないメリットがあります。

ここからはバイポイント案件のメリットを3点ご紹介しましょう。

  • 商品を無料でゲットできる
  • クレジットカードのポイントが貯まる
  • 1ポイント=1円以上の価値になることも

商品を無料でゲットできる

バイポイント案件をこなすメリットの1つに、商品系の案件をこなせば手出しなしで商品が手に入るという点があります。

ポイントサイトで以下のように「100%還元」などと明記された案件を探し、やってみましょう。

モッピーの100%還元の画像

ポイントサイトの100%還元案件は、美容関連や健康関連の商品が多い印象です。

「この商品、試してみようかな?」といった気軽な気持ちでチャレンジできるのが嬉しいですよね。

クレジットカードのポイントが貯まる

バイポイント案件をこなす際には、支払い方法にクレジットカードを選びましょう。

決済時にクレジットカードを選ぶことで、現金と等価のポイントを獲得できる上に、クレジットカードのポイントも貯められるというメリットがあります。

1ポイント=1円以上の価値になることも

バイポイント案件で獲得したポイントは、ポイントサイトから様々なポイントやマイルに交換できます。

交換先によっては、1ポイント=1円以上の価値になることも。

次からは、バイポイント案件で獲得したポイントを、よりお得に交換できるオススメの交換先をご紹介していきます。

バイポイントでオススメの交換先

ここからは、バイポイント案件で貯めたポイントのおすすめの交換先をご紹介していきます。

  • マイル
  • Tポイント
  • dポイント

マイル

「特典航空券のマイル数にあと少し足りない」 という状況で、マイルの購入ができれば便利ですよね。

バイポイント的にマイルを獲得する方法ですが、まず、 「JAL(日本航空)」や「ANA(全日本空輸)」といった日系航空会社は、公式サイトからマイルを直接購入することはできません。

一方、「デルタ航空」や「ユナイテッド航空」といった海外の航空会社では、バイポイント的にマイルを購入することが可能です。

しかし、マイルの購入価格が割高になることが多いため、交換先によっては損をしてしまうことも・・・

そのため、バイポイント的にマイルを獲得するためにはポイントサイトを利用してポイントを貯め、マイルに交換する方法をおすすめです!

以下の例はポイントサイトのモッピーで獲得したポイントを、マイルに直接交換する場合の交換先になります。

モッピーのJALマイレージバンクに交換の画像

「2ポイントで1マイル」となっているので一見すると価値が下がっているように見えますが、1マイルは一般的に2~5円の価値があるため、マイルに交換するのはメリットが大きいと言えるでしょう。

また、交換先に好みの航空会社がない場合は、ハピタスやモッピー、ワラウといった多くのポイントサイトが対応しているドットマネー経由して、マイルに交換するという方法もあります。

さらに、ANAのマイルであれば、ドットマネーからTOKYUルートと呼ばれるTOKYU POINTを経て、ANAポイントに交換すると良いでしょう。

ポイントサイトで貯めたポイントは、ドットマネーとTOKYU POINTを経由することで、ANAマイルに最大75%で交換することができます。

以下に情報を整理しますね。

  1. ポイントサイトで5,000円=5,000ポイントのバイポイント案件をこなす
  2. 5,000ポイントが付与される
  3. ドットマネーに交換(この時点で5,000ポイント)
  4. TOKYU POINTを経由してANAポイントに(この時点で3,750ポイント)

最終的に手に入るANAポイントは3,750ポイントで、現金の価値にすると7,500円以上の価値になります。

元手の5,000円と比較すると、価値が増えていることが分かりますね!

Tポイント

ポイ活をしている方の中には、ウエル活をしている方も多いことでしょう。

「ウエル活が気になっている」という方のために、以下で簡単にウエル活についてご説明します。

ウエル活とは
ドラッグストアのウエルシアで毎月20日に開催されている「お客様感謝デー( 通常1ポイント=1円のTポイントの価値が1.5倍になる日) 」にTポイントを使ってお買い物をすること

バイポイント案件をこなして手に入れたポイントをTポイントに交換すれば、ウエル活の際にさらに1.5倍の価値となるため、お得です。

dポイント

dポイントはドットマネーなどの他ポイントからの交換で、20%増量するキャンペーンを不定期で実施しています。

そのため、キャンペーンをうまく利用してバイポイント案件で獲得したポイントをdポイントに交換すれば、より多くのポイントをゲットできるでしょう。

20%増量は、かなり大きいですよね!

また、2018年よりdポイントを運用するサービス「dポイント投資」がリリースされました。

dポイント投資の画像

dポイント投資は初心者でも扱いやすいサイト設計やフォローシステムが整っていて、気軽に投資を始められます。

また、運用中のポイントは1ポイント単位でdポイントに戻すことも可能です。

バイポイント案件で獲得したポイントをdポイントに交換し、さらにdポイント投資で価値をアップさせるという方法も良いでしょう。

バイポイント案件の注意点

お得にポイントを獲得できるバイポイント案件ですが、バイポイント案件をこなす上ではどのような点に注意すれば良いのでしょうか?

ここからはバイポイント案件の注意点を2点ご説明していきます。

月額表示が税込み表示でない場合も

バイポイント案件をこなす際には、「月額〇円」という表示に注意が必要です。

例えば「月額5,000円で5,000ポイント付与」というバイポイント案件は、実際の支払い代金が税込みの5,500円となる場合があります。

いつでも「5,000円で5,000ポイント獲得できる!」というわけではないので、気を付けましょう。

解約を忘れに注意!

バイポイント案件は、「定期購入」であることがとても多いです。

初回購入以降価格が上がる商品も多くあるため、解約を忘れないように注意しましょう。

また、商品の発送後は発送分の代金の支払いが必要となるため、初回限りで解約したい場合には、発送予定日より余裕を持って解約に取りかかることをおすすめします。

バイポイント案件でタダ活・ポイ活

ここまで、バイポイント案件のメリットや交換先、注意点などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

バイポイント案件は還元率100%の案件をこなすことで、実質タダで商品をゲットできたり、多くのポイントを獲得できたりするというものでした。

記事を参考にしながらバイポイント案件で、賢くタダ活・ポイ活を楽しみましょう。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる